つみたてNISA

投資初心者はつみたてNISA(積立NISA)がオススメな理由

「投資に興味が出てきたけど、何から始めたらよいのかわからない」

このように悩んでいる投資初心者の方は、まずはつみたてNISAから始めることをオススメします。

この記事は、投資未経験の初心者の方向けに発信していますので、難しい投資用語などは使わず、なるべくわかりやすい内容になっています。この記事を読めば、迷わずつみたてNISAを選べるようになると思います。ぜひ読んでいただけたら幸いです。

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAって名前は聞いたことあるけど、内容については理解していないな

こんな方はまず、『国が投資を始める人を支援する制度』のことだと思ってください。

今や国(金融庁)が投資を推奨しています。国が勧めているって安心感がすごいですよね。これだけでもつみたてNISAを始める大きな理由になります。国が一般国民に損をするような制度を推奨するはずがありません。

つみたてNISAの特徴
運用非課税期間 最長20年間
投資金額 年間最大40万円,100円から投資可能
運用益 運用で得た利益が非課税
投資商品 金融庁が定めた一定の基準をクリアした商品のみ

以上大きく4つの特徴があります。これから各特徴について簡単にご説明します。

運用非課税は最長20年間

つみたてNISAは、2018年1月からスタートし、投資開始可能期間は2018年~2042年となっています。(2021年1月現在)

つまり、2018年~2042年までにつみたてNISAを開始すれば、20年間運用益が非課税になりますよということです。

例えば、2042年に始めた場合、20年後の2061年まで運用益が非課税になります。下の表をみれば分かりやすいです。

ちなみに、非課税期間は2037年から改正により2042年まで延長になりました。ですので、2042年までに始めれば、ちゃんと20年間非課税期間があるので、今すぐ始めないと損するということではありません。

しかし、2024年から新NISAが始まるなど、今後もNISAに関して優遇措置は行われる可能性は高いので、今始めておけば乗り遅れずに済みます。

金融庁ウェブサイトより引用

年間40万円まで、100円から投資可能

つみたてNISAの投資金額を整理するとこうなります。

【年間投資可能最大額】40万円

【月投資可能最大額】33,333円(×12か月=40万円)

【20年間最大投資額】800万円(=40万円×20年)

いきなり月3万円も投資できないという方は、月100円から投資可能ですが、それはあまりおススメ出来ません。

なぜかというと、月100円でもつみたてNISAを開始してしまえば、20年間の非課税期間がそこから始まるからです。ですので、非課税枠最大800万円が減ってしまいます。

年間40万円を日常の生活に支障がなく投資できるようになるまで、待ってよいと思います。学生の方は少し厳しいかもしれませんが、社会人の方であれば、月3万円は無理なく投資できると思います。

つみたてNISAは、投資額も年間40万円とそこまで大きくなく、生活の余剰資金程度で賄えるので、気軽に始められますね。

運用益が非課税

本来、投資をして利益が出ると、その利益分に約20%の税金がかかります。

しかし、つみたてNISAを通して出た利益分については、税金がかからず非課税となります。

例)100万円が200万円になった場合

【通常の投資】手元資金180万円 利益100万円に20%の税金がかかるので、20万円が減る。

【つみたてNISA】手元資金200万円 利益が非課税

つみたてNISAでは、最大で元本が40万円分×20年間=800万円の投資に出た利益分に税金がかからないので、利益が出れば出るほどその額は増えていきます。

投資商品は金融庁が定めた一定の基準をクリアした商品のみ

つみたてNISAでは、一定の基準をクリアしたものでないと投資できないようになっています。

その基準とは手数料が低いなど、金融庁が法令で条件を定めており、リスクが少ない安全な商品に限られています。

世の中には、手数料が非常に高かったり、元本割れしたりする商品がゴロゴロ溢れています。つみたてNISAでは、そのようなリスクの高い商品がなく、比較的安心して選べる商品しか存在しません。

つみたてNISAがおすすめな理由

ここまででつみたてNISAが投資初心者にとって非常に適していることがわかったかなと思います。

非課税メリットについては分かったけど、本当に利益が出るの?

一番知りたいことは、「本当に利益が出るのか」ですよね。

ではここからは、つみたてNISAを20年間コツコツ積立を行えば利益が出るようになる理由をお伝えしたいと思います。

長期投資による複利の力

皆さん、複利とはご存じでしょうか?

複利とは、元本+利益分に対して利回りがかかるという仕組みです。下の表が元本100万円を利回り5%で複利運用した時の表になっています。

例)元本100万円,利回り5%
1年後 105万円
2年後 110万2500円
3年後 115万7625円
5年後 127万6281円
10年後 162万8891円
15年後 207万8921円
20年後 265万3287円


ここで想像してほしいことは、年数がたてばたつほどお金が増えるスピードがすさまじいということです。

では実際に、毎月3万円を20年間運用するとどれくらい増えるのかについてみてみましょう。利回りは3%とします。金融庁の資産運用シミュレーションで見てみましょう。

 

金融庁資産運用シミュレーションより引用

 

年間3万円を利回り3%で20年間運用すれば、なんと元本720万円が1000万近くになります。

しかもつみたてNISAであれば、利益約265万円に税金がかかりません。年利が3%あれば、20年間3万円を運用するだけで1000万円以上貯まります。実際には月33,333円投資でき、最大800万円なので年利3%であれば、1000万円は優に超えます。

このグラフで注目してほしいのが、総資産の増え方です。

年数 総資産 複利の力のみで増えたお金
4年目 153万円 9万円増加
8年目 325万円 28万円増加
12年目 519万円 50万円増加
16年目 738万円 75万円増加
20年目 985万円 103万円増加
 

上記のように、4年間の資産増加額から自分で4年間144万円投入しているお金を除いた額が、複利で増えたお金になります。

開始年~4年」で複利の力で増えた額は9万円に対し、「16~20年間」に複利の力で増えた額は103万円です。

このように複利は、年数がたてばたつほど、金額が増えれば増えるほど力を発揮します。

 

インデックス投資

複利については分かったけど、そもそも利回り3%前提での話で、利益が出る保証があるの?

このように思われる方が多いと思います。ですが、この利回り3%というのはそこまで高くない水準となっています。個人投資家の中には、5~10%の利回りをたたき出している方も多数います。

つみたてNISAでも、きちんとした銘柄を選定すれば、利回り3~5%は簡単に実現します。

そこでキーワードとなってくるのが「インデックス投資」です。

インデックス投資とは、世の中の経済など市場の動きを表す指標(インデックス)へ投資することです。

「日経平均株価」や「ダウ平均株価」を聞いたことがあると思います。それが、インデックス(指標)です。インデックスは市場平均を表しており、これに投資をすることで、経済が上向きになっている限り100%利益が出ます。

つみたてNISAでも、インデックス投資の商品を選択できます。

私は2020年6月からつみたてNISAを開始しました。すべてインデックスに投資しています。2020年6月~2021年1月までの成績を見てもらえるとわかりやすいかと思います。

 

上記が私が投資している銘柄になります。2020年6月~2021年1月の利回りは10~13%となっています。なぜここまで利回りが高いのかというと、2020年2月~3月のコロナショック後に開始し、その後世界経済が驚くべきスピードで回復したため、このような利回りとなっています。ですので経済が上向きであれば10%程の利回りも出ます。

 

注意しておきたいのが、10%の利回りなんて一時的なもので、まずありえません。20年も運用していると必ず暴落には直面します。ですので、インデックス投資であれば市場平均ですので、長い目で見ると利回りは3~5%くらいに集約していきます。世界経済が上向きになっていないなんてありえません。

先ほど説明したように、利回り3%でも複利効果は絶大です!

 

ちなみにつみたてNISA商品について知りたい方は、つみたてNISA商品の選び方についても記事にしてます。興味のある方はぜひお読みください。『つみたてNISAおすすめ商品の選び方

ここまで踏まえて、世界経済が上向きであると、インデックス投資が非常に高い利回りになることはわかっていただけたかと思います。また、経済の市場平均に投資するので、リーマンショックやコロナショックような世界的な大暴落が来ない限り、安定した利回りをたたき出してくれます。

 

ドルコスト平均法

 

最後に長期分散投資が重要である根拠を紹介します。

ここでキーワードになるのがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法とは、長期期間において金融商品を定期的に低額で購入していく投資手法のことです。グラフでイメージするとわかりやすいかと思います。

 

ウェルスナビより引用

 

経済の指標は、景気などに影響して上向き下向きを繰り返します。そんな中で、価格の上下にかかわらず、定額購入することで、価格が安いときは多く購入し、価格が高いときは少なく購入することになります。

つまり、暴落時にも購入し、上昇時にも購入することで購入価格を平準化していくことができます。そうすることで、経済が上向きに動いている限り、いずれは利益がでるようになるという仕組みです。

ですので、つみたてNISAはコツコツと定額を20年間運用することではじめて大きな力を発揮します。

最後に一言!10%の利回りや、暴落に一喜一憂せず、20年後には利益が出ていることを確信して無心で積み立てるのみです!

 

さいごに

ここまで、つみたてNISAの特徴とオススメする理由について話してきました。

最後に私が言いたいことは一つだけです。

「積立投資を絶対にやめないでください。」

つみたてNISAはコツコツと投資を続ければ続けるほど効果を発揮します。

この記事を読んでいただいて、皆様がつみたてNISAを始めるきっかけになれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人
ともかぶ

ともかぶ

「貯める力」×「稼ぐ力」を軸に『人生を今より1㍉豊かにする』ようなサイトを目指してます! ★ブログ遍歴:2021年1月~運営開始。5記事アドセンス合格 ★投資遍歴:2020年~投資開始。1年間で100万超投資・毎月10万投資。『インデックス×高配当株投資』が軸 ★プログラミング独学勉強中

-つみたてNISA

© 2021 ともかぶブログ