つみたてNISA 投資 貯める力

つみたてNISA(積立NISA)は株式のみでもいいの?債券は入れるべき?

「つみたてNISAで株式のみってリスクは大きいの?やっぱり債券は入れるべき?」

つみたてNISA(積立NISA)をいざ始めるってなったときに、まず商品選びで悩みますよね。

つみたてNISAは、基本的に金融庁が定めたリスクの少ない商品しかありませんが、現在つみたてNISA対象商品は200本近く存在します。

また対象商品の中では、株式(全世界、先進国、新興国、米国)、債券(国内、先進国、新興国)、リート(国内、新興国)など幅広く分類されています。また、どの運用会社にするのかも決めなければなりません。

そこでまずは、つみたてNISA(積立NISA)で株式と債券をどういう風に積み立てていくべきかについて触れていきます。(※リートについては今回は触れません。)

※今回お話しする内容はあくまで一つの考え方です。投資においてこれが絶対という正解はありません。自分の目的に合った投資をしていきましょう。

 

【この記事を読むとわかること】

・株式と債券の違いがわかる

・つみたてNISAの商品選びで、株式を選ぶべきか債券を選ぶべきかがわかる

 

投資初心者はつみたてNISA(積立NISA)がオススメな理由

「投資に興味が出てきたけど、何から始めたらよいのかわからない」 このように悩んでいる投資初心者の方は、まずはつみたてNISAから始めることをオススメします。 この記事は、投資未経験の初心者の方向けに発 ...

続きを見る

 

 

【結論】つみたてNISA(積立NISA)は株式のみでもいいの?債券は入れるべき?

【結論】つみたてNISA以外にも長期投資をする人は株式100%がオススメ

先に結論をお伝えしますと、つみたてNISAの年間非課税枠40万円以外にも投資をしていきたい方はつみたてNISAの商品はすべて株式にすることをオススメします。理由については後程ご説明します。

株式と債券について、いろいろな意見があると思います。

「株式だけはリスクが多きすぎる」

「債券なんて値上がり利益が得られないから保有する必要ない」

これはどちらの意見も正しいです。

株式と債券をどう保有していくべきかは自分のリスク許容度正しく把握しておくことがとても重要です。

リスク許容度とは、自分の資産の減りにどれだけ耐えられるか、つまりどれだけリスクを受け入れられるかというものです。

リスク許容度は、人それぞれで、たとえお金をたくさん持っている人が耐性が強いとは限りません。リスク許容度は高すぎても低すぎてもよくありません。

ちなみに、このリスク許容度を把握する方法は、「一度暴落を経験してみること」が一番手っ取り早いです(笑)

暴落を経験してみて、精神的に耐えられず日常生活に支障をきたしたりする人はリスク許容度が低いです。逆に、暴落時でもあまり気にせず生活できちゃう人はリスク許容度が高いです。

このリスク許容度は、投資に関する正しい知識を身に付ければ、ある程度コントロールできると考えています。

ですのでまずは株式と債券について最低限のことは知っておく必要があります。

 

つみたてNISAが100%株式がオススメな理由を説明する前に株式と債券の特徴について少し触れるよ

 

株式と債券の特徴

 

著者作成、グラフはイメージです

 

上のグラフが株式と債券のリスクとリターンを簡単に表したグラフです。あくまでイメージですので、立ち位置はこんな感じであるということを理解しておけばOKです。

見てわかるように、株式はハイリスクハイリターン、債券はローリスクローリターンの傾向にあります。

株式は景気の浮き沈みに大きく連動します。ですので、好景気には大きくリターンが得られ、不景気時には大きな損失を被ることになります。

反対に債券は、不景気・好景気にあまり左右されにくいので安全資産でもあります。

またもう一つの特徴としては、株式と債券は価格が逆相関の関係にあると言われています。つまり、株式価格が上がれば債券価格は下がり、その逆もしかりということです。

ですので、株式と債券を両方保有しておくことで、リスクヘッジ(リスク分散)になります。

 

・株式はハイリスク・ハイリターン

・債券はローリスク・ローリターン

・株式と債券は逆相関の関係

・両方保有することでリスクヘッジ(リスク分散)になる

 

つみたてNISA(積立NISA)で株式をオススメする理由

つみたてNISA以外にも長期投資をする人は、つみたてNISAでは株式100%のほうがオススメです。

なぜなら、つみたてNISA最大のメリットである非課税枠は、株式に使うのが一番効率がいいからです。

先ほども述べたように、株式はハイリスクハイリターンの傾向にあります。

ですが、正しい商品に長期積立投資をすることで、株式であっても20年後にはほぼ確実に利益が出るといわれています。

その理由についてはこちらの記事でご紹介しています。この記事を読めばつみたてNISAの特徴から、初心者でも利益が出る根拠までわかります。

投資初心者はつみたてNISA(積立NISA)がオススメな理由

つみたてNISAでは、利益が出た分には税金がかかりません。ですので、リターンの高い株式を選んでおくほうが、非課税枠のメリットを最大限に活用することができます。

債券も保有しておきたいという方は、つみたてNISA以外の投資信託などで購入することをオススメします。

ちなみに楽天証券でつみたてNISAを始めようと思っている方は、楽天カード決済も可能です。

毎月5万円分楽天カード決済できるので、つみたてNISA33,333円+残り16,667円=5万円分投資できます。ポイントが付くので年間6,000円もお得になります。私はこの残り枠で債券を購入しています。

つみたてNSIAを楽天証券で始めようと思っている方、または始めて1年目の方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

楽天証券でつみたてNISAを年の途中から満額積立するには?2パターン紹介

【つみたてNISA以外にも投資をする人は、つみたてNISAは株式100%がオススメな理由】

・リターンの高い株式のほうが、つみたてNISAの非課税枠メリットを最大限に活用できる

・債券も保有しておきたい方は、つみたてNISA以外の投資信託などで購入することをオススメ



 

まとめ「つみたてNISA(積立NISA)は株式のみでもいいの?債券は入れるべき?」

今回は「つみたてNISA(積立NISA)は株式のみでもいいの?債券は入れるべき?」という話題で話してきました。

この記事でお伝えしたいポイントをまとめますと

ポイント

①投資をする際はリスク許容度を把握しておこう

②リスク許容度を把握するためには、正しい投資の知識をつけよう

③株式と債券の違いを明確にしておこう(株式はハイリターン、債券は安全資産、株式と債券は逆相関)

④つみたてNISA以外にも投資をする人は、つみたてNISAは株式100%、債券を持ちたい方はつみたてNISA以外で債券を購入しよう

これからも、つみたてNISAをはじめ投資初心者向けの記事を発信していきますので、この記事が役に立ったという方はぜひTwitterのフォローをお願いいたします。

正しい知識を身に付けて、良い投資ライフを送りましょう!それではまた!

  • この記事を書いた人
ともかぶ

ともかぶ

「貯める力」×「稼ぐ力」を軸に『人生を今より1㍉豊かにする』ようなサイトを目指してます! ★ブログ遍歴:2021年1月~運営開始。5記事アドセンス合格 ★投資遍歴:2020年~投資開始。1年間で100万超投資・毎月10万投資。『インデックス×高配当株投資』が軸 ★プログラミング独学勉強中

-つみたてNISA, 投資, 貯める力

© 2021 ともかぶブログ