投資 貯める力

【株の管理アプリ】マネーフォワードがオススメ! 実際に利用してみた感想

皆さんは株の管理をどのようにしていますか?

個人投資家であれば、株の保有状況を常に把握しておくことはとても大事ですよね。

自分でエクセルなどで管理していくのは、けっこうな手間暇がかかってしまいます。

実際に私もはじめのうちは、自作でエクセルで作って管理していました。

しかし、取引が多くなっていくにつれて管理しきれなくなり挫折しました(笑)

そんな中、株の取引を一括で自動管理してくれるようなアプリはないのかと探し求めて、「Money Forward ME(以下マネーフォワード)」を見つけました。

実際に半年ほど使ってみて、想像以上に便利だったので、

今回は、株の管理アプリはマネーフォワードがオススメな理由を紹介します

 

マネーフォワードとは

 

マネーフォワードは、株式会社マネーフォワードが提供している「お金の見える化アプリ」です。

株式会社マネーフォワードは、2012年に会社が設立され、2016年に売上高が15億円だったのが、2020年には113億円まで伸びています。

まさにうなぎ登りで急成長中の企業です。

また法人向けにも様々な業務効率化クラウドサービスを提供しており、事業領域は多岐にわたります。

マネーフォワードは、そんな急成長中のIT企業が提供しているので、最先端のテクノロジーがたくさん詰め込まれています。

提供会社がしっかりしているので、安心してアプリを利用できるうえ、今後もさらに利便性が向上していくでしょう!

ポイント

【マネーフォワードの見える化の仕組み】

・毎日のお金の出入りを自動で見える化

・銀行やカードの残高をまとめて見える化

・今月何にいくら使ったかを見える化

このようにマネーフォワードは、いろいろな面でお金の見える化を実現できます。

では、実際に使ってみて具体的にどういうところが便利だったのかを紹介していきます。

 

株の管理アプリはマネーフォワードがオスススメな理由

まずはじめに、マネーフォワードは無料版と有料版があります。

株の取引をする方であれば、絶対に有料版をオススメします。その理由はこれから紹介します。

【マネーフォワードプレミアム会員の料金表】

月額 年額
月額プラン 500円 (6,000円)
年額プラン(iOS版) (約442円) 5,300円
年額プラン(Android版) (約458円) 5,500円

このように、月額で払うよりも、1年間をまとめて払うほうが少しお得になります。

ぶっちゃけ1年で6,000円って高くない?

正直私も一括で5,300円払うのは躊躇しました(笑)

最初に全額払ってしまえば、あとは気にせず1年間利用できるので私はそちらを選びました。

まずは、1か月だけ有料版を試してみて、良さそうなら年額プランに切り替えるのもありだと思います。

マネーフォワードサイトより引用した有料版と無料版のできることの違いはこんな感じです。

このように無料版は、できることが結構限られてきます。

そもそも無料版でも、連携機能は他の家計簿アプリにはなかなかないので、銀行などの提携を10件登録できるのですごいことだと思います。

しかし、株取引をしていて株の管理をしていきたい方は、有料版のほうが圧倒的に便利です。

有料版の年額プランで始めて半年ほどが経ちますが、月500円の価値は確実にあると感じています。

毎月、昼ごはん1食分を我慢していると考えると、大したことがないように感じます(笑)

それでは本当に月500円の価値があるのかどうか、

これからお話しするマネーフォワードを実際に使ってみて感じたメリットを読んでみて判断してみてください。

以下は、有料版に基づいてメリットをお伝えしています。

 

連携がとにかく豊富

 

マネーフォワードの現在の連携可能な金融関連サービスは2641件あります。(2021年3月現在)

上の写真はマネーフォワードのサイトから引用しましたが、多すぎて載せきれませんでした(笑)

一度、一覧を見てみてご自身が使っている金融サービスがあるか確認してみてください。

たいていの方は、大体連携できると思います。

多すぎ~!これなら証券口座も銀行も大抵は登録できるから安心だね!
私は楽天証券でつみたてNISA・投資信託・米国個別株、ネオモバで日本個別株、SBI証券でもちょこっと購入していますが、マネーフォワードですべて連携できています。仮想通貨やFX、電子マネーまで登録できます。

実際に使ってみて、本当に自分の資産のすべてが「見える化」できています。

すべての証券口座サイトや銀行アプリなどを、一括でまとめて瞬時に把握できるのは本当にすごいことだなと思います。

マネーフォワードさん恐るべしです。

株の売買がほぼリアルタイムで更新できる

 

私が有料プランに移行した最大の理由はコレです!

無料版では、株の売買をした際に反映されるのがかなり遅くて、もはや使っている価値がないと感じました(笑)

無料版での正確な反映までの時間は、あまり覚えていませんが体感では2~3日?いやもっと後だったかもしれません。

いざ資産の状況を確かめようと思ったときに、「あれ?まだあの日の売買が反映されていないのか、、、」と毎回落胆していました。

株取引をする上で、リアルタイムで自分の資産の状況を把握しておくことは必要不可欠です。

有料版であれば、自動更新頻度は高いと明記されていますが、更新ボタンを押せば即座に更新してくれます。

有料版にするだけで、「こんなに早くなるの?」と正直びっくりしました。

リアルタイムに、つみたてNISA、投資信託、米国株、ネオモバの日本株まで一括してすべての保有資産を見ることができるようになった、これだけで、月500円を払っている価値はあると感じています。

マネーフォワードのダウンロードはこちら

 

視覚的にわかりやすいコンテンツが豊富

 

【見える化ポイント①】銘柄ごとに現在の金額が見える!

上の写真は、私のネオモバの銘柄と楽天証券の保有銘柄の一部です。

(ZMの損失は見なかったことにしてください(笑)長期保有なのであまり心配はしていません。)

こんな風にスマホの画面でズラッと保有価格が現在どれくらいなのか、前日比でどれくらい増減しているのかが見えます。

シンプルで非常に見やすいので、サクッと資産を把握をしたいときに本当にオススメです。

 

【見える化ポイント②】視覚的にわかりやすいグラフが豊富!

上の写真のように、円グラフで現在の資産割合や、折れ線グラフで資産の推移が見えます。

お恥ずかしながら、私の総資産はまだまだ少ないです(笑)

2020年の6月から貯金0から投資をスタートし10か月でここまで増えたのは、自分なりには結構頑張れたかなと思います。

おっと、マネーフォワードの紹介なのに、私の資産紹介になりそうなのでここらへんで止めておきます(笑)

マネーフォワードは、シンプルだけど見やすいんですよね。

これ以外にも銀行別に見たり、証券口座別に見たりもできるので、今どの口座にどれだけ入っているのかが即座に見えます。

 

マネーフォワードのセキュリティは大丈夫?

ここまでマネーフォワードのオススメポイントを紹介してきました。

でもいろんな口座やカードを登録しても大丈夫なの?

やはり気になるところは、セキュリティ面ですよね。

いくつも自分の銀行口座や証券口座を連携させて、万が一情報漏洩や不正ログインなどがあれば怖いですよね。

マネーフォワードサイトで確認したところ、さまざまな面でセキュリティ対策をしていました。

 

①連携には必要最小限の情報しか使われない

マネーフォワードは、連携先サービスの利用明細や残高を表示するのに必要な「ログイン情報」のみを使用します。

つまり、連携したいサービスがのログイン情報以外の、認証コードやクレジットカード番号は使用されません。

なので、マネーフォワードで情報を引き抜かれても、それだけではクレジットカードなどの不正利用まではできないということですね。

 

②連携するデータは通信時も保管時もすべて暗号化

マネーフォワードとの通信は、最高水準の暗号方式「2048bit」のSSL証明書を利用しているそうです。

???????

調べてみました。

SSLとは送受信データを暗号化する通信手順のことです。

bit数は40bit/128bit・・・1024bit/2048bitとあり、このbit数のことを鍵長と呼び、暗号化するためのデータ量のようなものを表します。

この鍵長(データ量)が大きければ大きいほど、解読が難しくなります。

現在の最も安全性が高く最高の鍵長であるのが、2048bitだそうです。

マネーフォワードはこの2048bitを採用しているので、安全性がかなり高いです。

要するに、私たちの情報に最高級の暗号をかけて守ってくれているということですね。

そのほか、データのアクセス制限なども設けており厳重な管理・運用体制がしっかりしています。

 

③二段階認証の設定が可能

マネーフォワードでは、ログインする際に二段階認証の設定が可能です。

二段階認証は、今やいろんなアプリなどでも採用されているセキュリティ強化対策ですね。

また、ログインがあったときのメール通知も可能です。

 

④パスコードロック&指紋認証が可能

マネーフォワードのアプリ版では、パスコードロックと指紋認証でロックを解除する機能が付いています。

この指紋認証ロック解除機能がとにかく便利です!

ネオモバなんかは、ブラウザを用いてWebサイト上で、いちいちIDとパスワードを入力する必要があるんですよね。

しかし、マネーフォワードのアプリ版なら、指紋認証でサクッとログインできて資産を確認することができます。

この機能は長く使えば使うほど、めちゃくちゃ便利だなと感じてます。

 

【結論】株の管理アプリマネーフォワードは時間の節約につながる

ここまで読んでくださりありがとうございます。

でも家計簿アプリや株の管理アプリにお金を払うのはな~と抵抗感ありますよね。

私も最初は、無料でも使えるアプリがあるのにお金を払うなんてという考えでした。

ですが、マネーフォワードを使ってみて、確実に時間の節約につながっているなと実感しています。

私は社会人なって、プライベートの時間でいろいろなことに挑戦していますが、「時間の希少性」を身に染みて感じています。

時間を削減できるところはお金を払ってでも、買う価値はあるなと考えられるようになりました。

マネーフォワードにしても、目先の6,000円として考えると高く感じます。

でも長期的に見て、マネーフォワードに限らず時間を買うことは、

節約できた時間を、ほかの自分の楽しい時間に使うことができている。

こんな風に考えると、月500円なんて別に大したことがないかなと考えられるようになりました。

マネーフォワードを活用して、時間を有効活用していきましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

マネーフォワードを始めたい方はこちらからダウンロードできます。

追記)2021年3月25日(木)~2021年4月18日(日)23:59まで「新生活応援 Wチャンス」キャンペーン中みたいです!この際にぜひ!

  • この記事を書いた人
ともかぶ

ともかぶ

「貯める力」×「稼ぐ力」を軸に『人生を今より1㍉豊かにする』ようなサイトを目指してます! ★ブログ遍歴:2021年1月~運営開始。5記事アドセンス合格 ★投資遍歴:2020年~投資開始。1年間で100万超投資・毎月10万投資。『インデックス×高配当株投資』が軸 ★プログラミング独学勉強中

-投資, 貯める力

© 2021 ともかぶブログ