ネオモバ 投資 貯める力

ネオモバのメリット・デメリット【投資初心者向け】

ネオモバって最近よく聞くけど実際どうなの?デメリットがあるなら知りたい!

この記事は、このように思っている方向けに、投資歴1年の私が投資初心者目線で、

「実際にネオモバを始めて感じたメリット・デメリット」

についてお伝えしております。

経験談からの話ができますので、参考になるかと思います。ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです。

ネオモバのメリット・デメリット【投資初心者向け】

ネオモバとは

会社名 株式会社SBIネオモバイル証券
会社設立日 2018年10月30日
資本金・資本準備金 30億円
株主 SBI証券、CCCマーケティング
サービス概要 ・取引に応じたTポイントの付与 
・Tポイントを使った金融商品の購入「Tポイント投資」
・スマートフォンだけで完結する取引環境
・格安な手数料体系
・Tカードの購買データを活用した独自の投資情報
取扱商品 ・国内株
・ロボアドバイザー

ネオモバについて、SBIネオモバイル証券のサイトをもとに上の表で簡単にまとめました。

ネオモバは、2018年に会社設立、サービスは2019年に始まりました。

開設口座数は、うなぎ登りに増え2年弱で50万口座を突破しています。

特に、投資初心者の20代の若者に人気が高いようです。

今後は、投資していて当たり前のような時代がやってくると思いますので、これからもどんどん需要が増えていきそうですね。

この記事を読んでくださっている方も、投資に興味がある方がほとんどだと思います。

では、実際に始めてみて感じたネオモバのメリット・デメリットについて私の経験からお伝えします。

SBIネオモバイル証券 口座開設

メリット

1株から購入できる

ネオモバの最大の魅力は、「1株から株が始められる」に尽きます。

やっぱりなんといっても、1株から好きな銘柄を購入できるのはうれしいです。

通常、証券口座で日本株を購入するには、単元(100株)からしか購入することができません。

1株3000円であれば、単元で30万円です。

投資初心者からしたら、30万円なんて持ってたとしても、1銘柄に全額突っ込むのはリスクが限界突破してしまいます。

ネオモバは、ほしい銘柄に1株から複数投資できるのでポートフォリオのリスク分散ができます。

配当金・株主優待がもらえる

通常、証券口座で単元(100株)で購入した株を保有していると、配当金がもらえます。

ネオモバイルでは、1株の保有から、株主の権利が得られ、その保有株数に応じて、配当金をもらうことができます。

また、中には1株から株主優待をもらえる株もあります。

ネオモバでは、配当利回りの高い高配当銘柄も1株から購入できます。

高配当株銘柄を積み立てることで、不労所得の増えるスピードがますます速くなります。私が高配当株投資をオススメする理由はこちらをご覧ください。

手数料が実質無料

通常ネオモバでかかる手数料は、ズバリ月額サービス利用料だけです。

月間の株式取引約定代金合計額 サービス利用料
0円~50万円以下 220円(税込)
50万円超~300万円以下 1,100円(税込)
300万円超~500万円以下 3,300円(税込)
500万円超~1,000万円以下 5,500円(税込)

ネオモバの月の株式購入額が50万円以内であれば、サービス料は220円です。

ですが、毎月1株でも購入すれば、Tポイント200円分(期間限定)がもらえます。

ですので、毎月株を積み立てて購入するのであれば、自己負担額20円で済みます。

その他、口座開設・株式取引の手数料は無料ですので毎月負担しなければならないお金は実質無料のようなものです。

つみたてNISAなどで投資信託をやられている方は、ご存じかと思いますが投資信託には信託報酬という運用手数料が毎回かかっています。

投資信託はプロに運用してもらっているので、運用手数料を取られ続けます。

ネオモバイルは、株式に投資をするので運用手数料は必要ありません。

ただし注意点としてWealthNaviを利用して資産運用を任せる場合は、手数料がかかります。

サイトが見やすい・使いやすい

ネオモバイルは、スマートフォンだけで取引が完了するようになっていて、サイトもスマートフォン専用となっていて、非常にシンプルな仕様となっています。

ネオモバイル証券の方針が「初心者でも気軽に始められる」なので、非常に見やすく使いやすいです。

株式のチャートも下図のような折れ線グラフがあるだけの簡単なものになっているので、投資初心者でも全く抵抗がないと思います。

 

ココがおすすめ

①1株から購入可能

②1株から配当金・株主優待が得られる(※株主優待は銘柄による)

③手数料が実質無料

④サイトが見やすい・使いやすい

 

デメリット

住信SBIネット銀行の開設が必須

ネオモバで、即時入金を利用するには、住信SBIネット銀行の口座開設が必要になります。

即時入金のメリットは以下となります。

・振込手数料が無料

・ほぼリアルタイムで口座への入金が反映される


他行の銀行振込も可能ですが、これは全くお勧めしません。

振込手数料もかかる場合があり、また入金の反映に1~2時間ほどかかります。

ですので、ネオモバで取引をするなら住信SBIネット銀行の口座開設が必須になります。

即時入金が少し面倒くさい

ネオモバでは即時入金が利用できますが、少々手間がかかるように感じます。

私は、楽天証券でも取引をしていますが、楽天証券と銀行間の即時入金は本当に簡単で便利です。

ネオモバと住信SBIネット銀行間の即時入金は、ネオモバと住信SBIネット銀行のアプリを2往復ほど行き来する必要があります。

何度も入金を行っていると、かなり使いづらいなという印象があります。

これは、セキュリティ上の観点などから、どうしようもないことかもしれませんが、今後もう少し便利になることを期待しています。

チャートが使い物にならない

「チャートが使い物にならない」というのは、メリットで「サイトが見やすい」と挙げたことと矛盾しているかもしれませんが(笑)

少しづつ投資の経験を積んでいくと、ネオモバのチャートでは物足りなくなる時が必ず来ます。

チャートに情報が足りなさすぎます。正直ネオモバのチャートは見る価値はあなりないです。

ですので、私は銘柄をチェックする際は楽天証券の株アプリ「iSPEED」で見るようにしています。

購入タイミングが遅い

メモ

0:00~7:00に注文した場合→当日前場始値で買付または売却
7:00~10:30に注文した場合→当日後場始値で買付または売却
10:30~13:30に注文した場合→当日後場終値で買付または売却

ネオモバの購入タイミングは上のようになっています。

前場始値、後場始値って何?

 

日本の株式市場は、平日の『9:00~11:30』『12:30~15:00』の時間帯で取引が可能です。

この午前中の時間帯を『前場』、午後を『後場』と言い、その時間帯の最初の価格が『始値』、終わりの価格を『終値』と言います。

やはり1株ということもあって、約定タイミング(株取引が成立するとき)が少し遅れます。

リアルタイムで購入することはさすがにできません。

ですが、ネオモバは以前は約定タイミングが2回だったのを3回に増やしています。

今後リアルタイムで購入することができるようになってほしいものです。

 

ココがダメ

①住信SBIネット銀行の開設が必須

②即時入金が少し手間

③チャートが使い物にならない

④購入タイミングが遅い

 

コツコツいろんな銘柄を購入したいのであればネオモバ

 

ここまで、私がネオモバを始めて感じたメリット・デメリットについて紹介してきました。

ネオモバの歴史はまだまだ浅いです。投資をしている方がどんどん増えている中で、今後ネオモバの需要はますます伸びるでしょう。

実際に始めてみて感じたデメリットを考えても、ネオモバイルを始めない理由とまではいかないかと思います。

ネオモバは、投資未経験者が株式投資を始めるにはもってこいです。

まずは、ネオモバで株式投資に慣れて、配当金の素晴らしさをかみしめてみるのもいいと思います。

それではよい投資ライフを!

ネオモバ口座開設はこちら↓

SBIネオモバイル証券

  • この記事を書いた人
ともかぶ

ともかぶ

「貯める力」×「稼ぐ力」を軸に『人生を今より1㍉豊かにする』ようなサイトを目指してます! ★ブログ遍歴:2021年1月~運営開始。5記事アドセンス合格 ★投資遍歴:2020年~投資開始。1年間で100万超投資・毎月10万投資。『インデックス×高配当株投資』が軸 ★プログラミング独学勉強中

-ネオモバ, 投資, 貯める力

© 2021 ともかぶブログ